​Pick UP

​アニメプロデューサーインタビュー

・株式会社インフィニット代表取締役 永谷敬之
アニメ企画会社であるインフィニットは「10年愛される作品の制作」をコンセプトにしている。

アニメの過剰供給だといわれる昨今でいか
にしてそれを目指すのか。

アニメ家インタビュー

・アニメ屋 佐藤順一
ヒットメーカーであるアニメーター。長年愛さ
れているアニメを作り出しているのにはどのよ
うな理由があるのか。

​学生映画特集

学生はなぜ映画を撮るのだろうか?

全く方向性の違う3人のインタビュー記事や、アンケートを通じてそんな問いに対して、深堀していこうと思う。

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

​スポンサーリンク

最新刊

エイジュ 第三号

表紙.pdf.png
アニメが多すぎる時代。多くの作品が忘れられて行っている。
20年以上愛され続けるアニメを手掛けた、手掛ける佐藤順一さん。
「10年愛される作品の制作」をコンセプトに、アニメの企画を行う永谷敬之さん。
そこから見えてくる、「長く愛される」について考えてみました。
​Twitterアカウント
  • Twitter